【年齢別】スコティッシュフォールドの食事の量と回数について

スコティッシュフォールドの食事内容の基本

スコティッシュフォールドは体格的には他のイエネコとそれほど違いはなく、平均的な飼い猫のエサの内容や分量にしてもよいとされています。
市販されているキャットフードの中から、年齢に合わせたものを選べば特に問題となることはないでしょう。

キャットフードの基礎知識としては、「総合栄養食」を選ぶことが挙げられます。
「ちゅ~る」のようなおやつ類は「一般食」と言われる食べ物となっており、それらだけを与えていると栄養が偏ってしまうのできちんと総合栄養食として販売されているものをメインにあげるようにしましょう。

また最近では粗悪なキャットフードによる猫の健康問題が出ているので「グレインフリー」であるかどうかということも重要視されています。
「グレインフリー」というのは穀物を一切使用していないフードという意味で、肉食動物である猫が過剰に植物性蛋白質を摂取することで健康を損ねないようにするという目的があります。

自宅で手作りのエサをあげる場合も、雑食である犬や草食であるウサギやモルモットなどと同じような穀物類をあげないようにしましょう。
穀物など植物系の食材に含まれるタンパク質は猫が体内で分解をすることができません。
そのため摂取した穀物は体の中に蓄積をされてゆき、それが将来的に大きな疾患やアレルギーの原因になってきます。

グレインフリーとされているキャットフードもかなりたくさんのメーカーから販売されていますので、パッケージに記載されている栄養分やおすすめの猫種、年齢などから適切なものを選んでみてください。

同じキャットフードであっても、動物性蛋白質の由来が動物の肉か魚の肉かによる違いがあり、それが味にも反映されてきます。
どんな味が好きかは猫によって異なりますので、いきなり大量に購入するのではなく、少しずつサンプルなどを使いながら選んであげるとよいですね。

それとスコティッシュフォールドの場合、他の猫に比べて毎日の運動量が少なめなことから太りやすい体質をしています。
ですので他の猫種よりも気持ちカロリー少なめのもの、もしくは猫用ダイエット食を選ぶのがおすすめです。

スコティッシュフォールド特有の病気に備える

スコティッシュフォールドの最大の特徴である折れ耳ですが、その特徴ゆえに外耳炎が発症しやすいという問題があります。
ですので毎日のグルーミングに加えて、エサに抗炎症作用があるものを選んでおくと病気になりにくい体にすることができます。

具体的にはオメガ3脂肪酸という成分が抗炎症作用があります。
加えてアレルギー予防のためできるだけ人工添加物がないものから選ぶようにしてみてください。