スコティッシュフォールドを飼うのに必要な費用を確認

スコティッシュフォールドの餌代

スコティッシュフォールドのエサは、市販されているキャットフードでよいとされています。
しかし先天的な疾患が発症しやすく、また体も丈夫とは言えない猫種であることからできるだけエサの内容は細かく管理してあげることが勧められています。

一般的なキャットフードは安いものであれば年間費用は2万円程度ですむのですが、完全にグレインフリー(穀物成分ゼロ)のものや、チキンや鴨肉などのアレルギー発症の少ない食材をメインにしたものとして選ぶとどうしても高価なエサになってしまいがちです。

おすすめのキャットフードとして「モグニャンキャットフード」のドライフードがありますが、こちらで一般的なエサの量として計算した場合、1匹あたりの費用は年額7万円程度になります。

そこに加えて日々のおやつ代などがかかってきますので、決して安い金額ではないということはあらかじめ踏まえておくべきでしょう。

飼育のための環境を整える費用

もう一つスコティッシュフォールドを飼育する時に注意したいのが、安全快適に過ごすことができるための環境づくりです。
スコティッシュフォールドは体が丈夫ではなく、また運動をあまり得意としませんので完全室内飼育が前提となります。

室内で飼育するときに必要になるグッズとしては、まずケージやトイレ、爪とぎ、食器といったものがあります。
さらに外出時に必要になるキャリーケースや、グルーミングに使用をする爪切りやブラシ、ノミ取り用のシャンプーといったものが必要になってきます。

それらをざっと総額で計算していくと3~4万円くらいがかかってきます。
長く飼育をしていると、どうしても猫のためにおもちゃやキャットタワーなどを買ってあげたくなりますのでそのあたりも換算されていきます。

スコティッシュフォールドを飼育する場合の生涯費用

スコティッシュフォールドは保護猫として引き取るということがまずなく、ペットショップおよびブリーダーから購入をすることになりますので飼育前に購入費用がかかります。

一般的にスコティッシュフォールドは1匹あたりの価格が10万円程度となっていますが、血統のよい猫など中には40万円以上になることもあるようです。

そこに加えて年額7万円のエサ代や、初期環境整備のための費用として4万円程度が最初の時点でかかり、その他猫砂やトイレシートなどの消耗品を購入していくことになります。

10~13年の寿命をまっとうすることができたとして、その場合の生涯費用は100~150万円というふうに試算されます。
病気や怪我をした場合はそこに治療費もかかりますので、あらかじめ保険に加入しておくなどリスク管理をしておきましょう。