猫がひなたぼっこをするのは何故?

猫がひなたぼっこが好きな理由

昔ながらの猫がいる光景の一つとして、日本家屋の縁側で体を丸めて日向ぼっこをしながら眠っている様子があります。
高齢者に飼育されている猫が、一緒に日の当たる縁側で膝の上に乗りながらうつらうつらとのどかな時間を過ごすなんていう様子も、微笑ましい景色として多くの場所で描かれています。

猫を飼ってみるとわかることの一つに、猫は温かいところが好きで、暇さえあればお気に入りの日向を探してそこでお昼寝をするという習性があるということがあります。

飼い猫以外でも、公園などに住み着いている野良猫が、園内のベンチで数匹一緒に日向ぼっこをしているところをよく見かけます。

人間にとってもほどよい日差しの中で過ごす日向ぼっこは心地よいものですが、猫にとってはそれ以上に楽しみとなります。
猫は「寝子(ねこ)」が名前の由来という説があるくらいによく眠る動物で、一日14時間近くをどこかで眠って過ごします。

眠っている時というのは体温がやや低下をしますので、ほどよい暖かさの日向でのお昼寝は人間が布団をかけて寝るというのと同じような心地よさがあるようです。

もう一つ猫特有の性質として、湿気や水気を嫌うということが挙げられます。
そのため、雨や屋外の湿気で体が濡れてしまった時に、日向で横になることで乾かすことができるというのも心地よさの理由になります。

さらに言うと、猫自身がそれと意識しているわけではないでしょうが、日光に含まれる紫外線による殺菌作用で毛並みについている雑菌や寄生虫を取り除くことができるというメリットもあります。

人間も寝具の管理として布団を屋外に干して日光にあてるということをよく行いますが、これをすることで布団の内部に含まれている湿気を取り除き、同時に内部に住み着くことがあるノミやイエダニを追い払うことができます。

猫にとっては体中にまとっている体毛が布団のようなものなので、無意識にでもそうすることでより快適に眠ることができるということを本能的に知っているのでしょう。

健康にも関わる日光浴の必要性

気持ち良いというだけでなく、猫の日光浴には健康に重要な影響があります。
人間の子供もよく屋外に出て日光浴をするようにアドバイスされますが、日光に含まれる紫外線が皮膚にあたることにより体内でビタミンDを生成することができます。

事情があってずっと屋内の日光のあたらない部屋で育てられた子供は、骨が十分に発育せず病気を発症してしまうことがありますが、猫においてもこの日光からのビタミンDの生成がないと体内の調子を保つことができなくなります。

とはいえ、近年では真夏の激しい日光はむしろ皮膚を傷める強さになっているので、十分に環境を整えてあげてください。