猫のための資格

しっかりとしたスキルを求められる認定動物看護士

猫のことが大好きでより深いことを知りたいと思うのであれば、いっそのこと実用的な資格を取得するという目標を持って勉強するのはいかがでしょうか。
体系的に勉強することになりますので、きちんとした深い知識を身に着けられますし、それを様々なシーンで役立てることができます。

その意味でのとても有用な資格と言えるのが、認定動物看護士です。
これは、獣医師の下で動物の治療のサポートをする動物看護士のための資格で、高いスキルが求められます。
認定動物看護士を取るための専用テキストなども出ていますので、しっかりと準備した後認定資格機構が実施している試験を受けることで取得可能です。

現在はまだ公的な資格ではありませんが、動物治療、看護の分野での進歩が進んでいますので、いずれより公的な資格として認められることもあります。
より深く動物について学べる上に、将来的に仕事などでも活用できる資格となる可能性が高いので、頑張ってチャレンジする価値が十分にあります。

動物を取り扱う時に必要となる資格を取得する

猫に限らずペットを取り扱うためには、一定の資格が必要となることがあります。
その一つの資格となるのがペットシッター士というものです。
これはペットを預かって管理、ケアするための資格で、これを持っているとペットショップやペットホテルなどで動物を預かり取り扱う業務を行えるようになります。

取得することで、より猫の扱いにも精通することができて、単なる経験則ではなく、きちんとした知識に基づいてケアができるようになる資格です。
将来的にペット関連の仕事をしてみたいと思っている場合も、この資格を持っておいて損はないでしょう。
自宅での愛猫のケアにも実用的な面でもメリットが多いですが、講習を受けて試験にパスするだけで取れる、比較的簡単なものですので初めにこの資格に挑戦するのもおすすめです。

気軽に学んで取得できるキャットケアスペシャリスト

猫に絞った資格としては、キャットケアスペシャリストというものがあります。
これはヒューマンアカデミーの通信講座を受けて、数か月勉強すれば取れる気軽な資格です。

とはいえ、ここで学べることはとても実践的で、猫の品種やそれぞれの特徴や歴史、猫の習性と身体機能の特徴などを学べます。
また、どのように猫を育てしつけるか、繁殖や出産をどのようにさせるかなど、猫の一生すべてに関われる知識を学ぶことも可能です。
あくまで民間資格ですが、この資格を持っていることでペット関連の仕事を始める際にアピールポイントとなります。

このように、いろいろな資格がありますので、愛猫をより大事に育てられるように勉強がてら目標にすると良いでしょう。