猫が臭いを嗅いだ後にする変な顔の理由

フレーメン反応が起こる仕組みについて

ネットでよく見かける「猫ちゃんのおもしろ画像」の定番になっているのが、飼い猫などが臭いの強いものをかいだときに見せる独特の表情です。

よくあるのが飼い主さんの足の裏のにおいをかいだ時というシチュエーションで、最初は興味ありそうに自分から顔を近づけておいてにおいを認識した瞬間に口を半開きにして目を大きく見開いた表情を見せたりします。

この口と目を開いて耳を広げる、びっくりしたかのような表情のことを「フレーメン反応」と言います。
人間の目からすると、まるで人間のくさい足のにおいをかいだことで「こんな臭いとは思わなかった!」とでも言いたそうに思えるところが面白いのですが、実はこの顔は感情というよりも本能的な反射として行われるものです。

ちなみに猫の嗅覚は人間の約1万倍と言われており動物の中でもトップクラスの嗅覚を持つ犬と比較をするとやや劣るものの、それでもかなり鋭い鼻を持っていると言えます。
ただしこの嗅覚の鋭さというのは、同じにおいを嗅いだときに1万倍くさく感じるという意味ではなく、その場にあるにおいの種類を1万倍区別して感じることができるというふうに考えてください。

さてそこでフレーメン反応についてですが、これが起こるのは猫にとって強烈なにおいを感じたときです。
先程猫の嗅覚の話をしましたが、猫の鋭い嗅覚のもとになっているのは体内に備わっている「ヤコブソン器官」というものです。

猫のヤコブソン器官は鼻の中ではなく口の内部に近いところについており、具体的には前歯のちょうど裏側付近にあります。
ヤコブソン器官は単純ににおいの種類をかぎわけるだけでなく、動物が発生するフェロモンを感じることができるようになっています。

通常猫の生活でよくある他の猫のにおいや食べ物の臭いなどをかいでフレーメン反応が起こるということはないのですが、例えば人間の足の裏やまたたび、猫用ハーブなど普段の生活ではそれほど多く接することがなく、かつ猫の嗅覚器官を強く刺激したものをかいだときにフレーメン反応が起こります。

マーキングとの関係

猫にとって異質なにおいをかいだときによく起こるフレーメン反応ですが、だからといって化学成分など特殊なにおいをかいだときにはあまり見られることはありません。

フレーメン反応が起こるのは、口の中にあるフェロモン感知のための器官が強く反応する場合です。
人間の足の裏やまたたびなどの臭いは猫のフェロモンに近いにおいがあるとされており、強烈なそれらのにおいをかいだときにその判別をするためついつい口を開いてよりヤコブソン器官が働くようにするのです。

言い換えれば猫のフレーメン反応は他の猫や生物のにおいを感知するマーキング活動の一つということになります。