カテゴリー別アーカイブ: 気持ちを知る

飼い主が嫌われる原因はニオイかも!

猫は臭いで危険を判断するためとても嗅覚が敏感

今までは普通になついていたのに、急に飼い主に近づいてくれなくなった、飼い主が触ろうとすると急に逃げ出す素振りを見せるということがあります。
いくつかの理由が考えられますが、その一つに飼い主が出している臭いに反応して避けようとしているということです。

というのも、猫は臭いに非常に敏感で、自分にとって嫌いな臭いがある場合は、いかに飼い主であろうと避けるという傾向があるからです。
猫は臭いで危険かどうかを判断することが多く、刺激があるものや、毒が含まれているもの、腐っているものなどを判別しています。
そのため、飼い主であるなら見たことがあるかもしれませんが、食べ物を出した時、猫はたいていまずクンクンと臭いを嗅いでから、それが大丈夫か判断してから口にしているのです。

もし、飼い主が猫にとって何か危ないと思えるような臭いを出している場合は、すぐに回避行動を取ってしまいます。
もちろんこれは、いわゆる人間でいうところの「臭い」という基準ではなく、猫にとって嫌な臭いということになるでしょう。

刺激のある臭いが嫌いな傾向がある

猫が避ける臭いというのはいくつかありますが、その一つにミントや辛子、ワサビ、酢など、鼻にツンとくるような臭いがあります。
こうした刺激臭は猫にとってはかなり強いものですので、こうした臭いがあるとすぐに避ける行動を取ります。
飼い主がハッカ飴などをなめていたり、口臭消しのタブレットなどを食べていたりすると、そのミントの刺激臭が猫にとって嫌な臭いとなってしまうことがあるでしょう。

また、レモンやオレンジなどのシトラス系の香りも猫が嫌いなことがあります。
人間にとってはとてもさわやかでいい香りなのですが、猫には刺激がある臭いと感じられますので、やはり服や顔などに柑橘系の香りが残っていると嫌がるものです。

さらに、リラックスのためにつけるアロマオイルなども猫が嫌うものがあります。
多少であれば問題ありませんが、成分が凝縮されているアロマオイルの場合は、どうしても嗅覚が敏感な猫にとってはきついものとなってしまいますので、飼い主を避ける理由となるのです。

室内でたく香やアロマにも注意する

人間にはとてもリラックス効果のあるお香やアロマですが、猫にとってはかなりきつい臭いとなってしまうことがあります。
そのため、室内でこうしたものを焚くと、猫のストレスを溜めることになってしまいますし、その場所から逃げてしまう理由となります。
自分にとってはとてもいい香りでも、愛猫にはイヤなものがありますので、新しいアロマなどを使いたい時は愛猫の反応をよく観察するようにしましょう。