カテゴリー別アーカイブ: 芸能人のスコティッシュ

ヒカキンが飼い始めた「まるお」と炎上騒動

ヒカキンが飼い始めた猫の紹介

日本で最も有名なYouTuberと言ってもよいヒカキンさんですが、2018年7月から自宅で猫を飼育するようになったということで話題になりました。

ヒカキンさんに限らず有名YouTuberで猫を飼育していることを公表している人は少なくないのですが、小学生など子供たちから人気の高いヒカキンさんが満を持してペットを飼い始めたということでかなり強いインパクトになったようです。

飼い始めた猫というのが生後1~2ヶ月くらいのスコティッシュフォールドのオス猫で、視聴者に名前を募集しつつ正式に「まるお」という名前にしたことを動画内で発表しています。

その後間もない2018年9月には、新たにもう一匹猫を自宅で飼い始めたことを発表しました。
動画では、もともと2匹飼育することは考えていたそうですが、自分が猫を飼育するのが初めてということもあってまずは様子見ということで時間をおいてからもう一匹を迎え入れることにしたのだそうです。

二匹目のペットとなったのはこちらも視聴者から募集した名前を参考にしつつ考えたという「もふこ」というメスの猫で、先住猫の「まるお」とは血のつながったきょうだい猫にあたるのだと説明しています。

同じスコティッシュフォールドのきょうだいとはいえ、まるおは短毛で丸顔をしているのに対し、もふこはやや長毛で小柄であるということから、二匹の個性を感じられる素敵なペットとなっています。

現在も順調に飼育をされているようで、ヒカキンさんの動画やtwitterではしばしば二匹が仲良く生活をしているところが知らされています。

どうして炎上してしまったのか?結果は?

動画を見るととても楽しそうにペットたちとの生活を楽しんでいるように見えるヒカキンさんですが、実は飼育を開始した当初軽く炎上騒ぎになったことがありました。

その理由は、猫をペットにするときに外でもないスコティッシュフォールドを選んだということです。
スコティッシュフォールドという猫種はたれ耳が特徴の可愛らしい見た目をしている動物ですが、意図的にたれ耳にするためにわざと先天的疾患を持つ可能性の高い猫同士を交配させるなど、人間のエゴによって生み出された品種という批判をこれまで何度か受けてきました。

さらに近年では欧米では当然になってきているペットショップなどでペットとなる動物を売買しないということに反して、高額を出して猫を買っているというところも批判の原因になりました。

しかしヒカキンさんの動画を見る感じでは、初めて飼育をするということで非常に謙虚に猫について勉強しており、二匹を対面させるときもこの上ないほど慎重に慎重にお互いの距離を作ってくれていたりして、現在では無事炎上は収束をしているようです。