カテゴリー別アーカイブ: 基本情報

様々な毛色のスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドはすべての毛色が認められている

猫種の認定は様々な要素が関係していて、目の色や毛の質、体格などがありますが、毛の色も一つのポイントとなります。
多くの猫種では毛色も限定されていて、他の要素が一致していても、毛色が登録と違うと純粋な血統とは認められなくなってしまうのです。
しかし、スコティッシュフォールドは全ての毛色が認められていて、他の要素が一致していればどんな色でも良いことになります。

こうした点がありますので、スコティッシュフォールドには実にたくさんのカラーがあります。
世界的にも人気の高い品種ですので、より個性的でそれぞれの地域の人々の好みに合わせようと、ブリーダーたちが異なる毛色の個体を作ってきたということがそれを加速させています。
もちろん、ある程度ポピュラーであったり繁殖がしやすくかったりして多い色というのはありますが、全体で見ると実にたくさんの色があって容易に分類できないほどです。

三毛のスコティッシュフォールドが多い日本

スコティッシュフォールドの毛色は国や地域によって多少差があります。
やはり、人々の好みというものがありますので、それぞれの地域で人気のある色というのが決まってくるのです。
その点で言うと、日本のスコティッシュフォールドは三毛が多い傾向にあります。

外国ではほとんど三毛のスコティッシュフォールドは見ることができませんので、わざわざ外国から日本へこの柄の個体を求めてくることがあるほどです。
日本古来の柄ということで、スコティッシュフォールドに和風の雰囲気を感じられる猫は魅力的なのでしょう。

また、トラ柄など、どちらかというとブラウンからクリーム系の色に人気が集まっているのも日本の特徴です。
逆にグレーやブラック一色などのスコティッシュフォールドはあまりなく、毛並みがきれいで色合いが鮮やかなものについては、希少性があるということで高値で販売されることもあります。

グレーやブルーも人気がある

海外では日本とは多少事情が異なっています。
ブラウン系はどこでも人気が高いですが、それに加えてブルー系やシルバー、グレーなどにも人気が集まっている傾向です。
柄が付いているものだけでなく、ワントーンのカラーに人気があって、よりスマートな印象を与えます。

こうしたスコティッシュフォールドの毛色はそれぞれの個性ですので、外国ではよりバリエーションが多い傾向にあります。
どんな色にせよ、いつでもきれいな毛の状態を保てるように、常にブラッシングやコームをしてあげましょう。
また、毛の状態は体調がすぐに表れるものですので、飼い主としても毛の状態を常にチェックしてあげることも大事です。