スコティッシュフォールドのトイレのしつけ

トイレのしつけポイント

スコテッシュのトイレしつけ猫も最近は種類が増えており、より個性ある外見の猫が登場しています。

猫というと三角形のピンと立った耳が印象的ですが、スコティッシュフォールドは耳が垂れているのが特徴的で、丸顔で目が大きく、尻尾もふわふわしているなどとても可愛らしいので人気の高い猫です。
スコティッシュフォールドを飼うとなると、まずは準備が必要です。

ベッドや食事、食器、おもちゃなど用意しなくてはいけない商品はたくさんありますが、トイレ用品も欠かせないものとなっています。

ペットを飼うときはトイレのしつけには苦労し、賢い犬でさえあちこちに粗相してトイレを覚えさせるのは大変ですが、猫の場合はしつけはとても簡単に行うことができます。

スコティッシュフォールドのトイレのしつけ方では、まずは落ち着いて用を足せる場所を確保してあげることが大事です。

洗面所などにトイレを置くことも多いですが、洗濯機などは突然音がするので落ち着かないので、そういった場所は最初にしつけをする場所としては向いているとは言えません。

子猫から育てる場合、まだ自分で排泄ができないので、食事のあとなどにおしりを塗れティッシュなどで刺激して排便や排尿を促進します。

そして大きくなってきたら、自分で用を足せるようになりますが、トイレをしたくなるとそわそわ落ち着きなく動きますので、そういったときにはすぐにトイレに連れていってあげましょう。

このときに以前に使っていた砂などをもらってきておくと、自分のにおいがついているので、より安心して用を足すことができます。

うまくできたらほめてあげましょう。

そして慣れていない場合は別の場所で粗相してしまうこともありますが、このときは時間が経ってから怒っても猫には意味がわかりませんので、粗相をしたらその場で叱るようにしましょう。