ブラッシングなどのお手入れ方法

猫との生活をする際に意外に欠かせなくなってくることといえばブラッシングです。
猫はふわふわの毛が生えている動物ですので、
毛のメンテナンスのブラッシングをしてあげることによって血行もよくなりますし、
毛艶が良くなったりしますので健康管理の一つと考えてブラッシングをしてあげると良いでしょう。
またブラッシングのもう一つの目的として抜け毛の対策をすることも出来るのです。
春と秋にそれぞれ、抜け毛の時期を迎えて夏毛や冬毛に生え変わったりします。
この時期に結構な毛が抜けてきますのでブラッシングをすることによって
余分に抜けかけている毛を抜いてあげると良いのです。
抜け毛をそのままにしておくと、体を舐めてグルーミングをしているときに
毛が多量に抜けて体の中に入ってしまいます。
後で毛玉としてはいてしまうなど、
苦しそうな場面に遭遇してしまうことも出てきてしまうでしょう。

あらかじめ余分な毛を抜いておけば、
毛玉の心配もなくなってきますのでブラッシングというのは色々とメリットがあるのです。
この事はスコティッシュフォールドの問題だけではなくて他の猫にもいえることになります。
ちなみにスコティッシュフォールドの場合はたいてい、
朝晩ぐらいの周期でそれぞれ一回ずつ、ブラッシングをするようにすると良いです。
時間がないときでもせめて1日1回はやってあげるようにしてください。

ブラッシングには色々なブラシがあり、針金みたいなものが幅広い間隔で
並んでいるスリッカーブラシや豚毛を使ったつやだし用のブラシもあったりします。
またゴムで出来たラバー製のブラシがあったり、
ちょっと変わったやつですとミトン型のブラシなどもあるのです。
ミトン型のブラシは基本的にブラッシングが嫌いといった
ブラッシングを嫌がる猫ちゃんは向いています。
撫でられている感覚でそのままブラッシングをすることが出来るからです。

また抜け毛が多い時期にはファーミネーターやピロコームのように、
毛根が死んでいる毛だけをしっかりと取ってくれるような
ブラシを使ったりすると部屋の抜け毛散乱の防止にもなったりします。
はじめ使ったときにはあまりにもものすごく抜け毛が取れるので
ビックリしてしまうかもしれません。
気がついたら抜け毛でちょっと小さいボールが出来てしまうといった程度で取れてしまうのです。
スコティッシュフォールドのお手入れに関してはそのブラシをつかっても適していますので、
どのブラシが自分の家の猫ちゃんに適しているのか
何種類か試してみるとわかりやすいと思います。

例えば実際に使ってみてAのブラシはちょっと嫌がるんだけどBのブラシはおとなしく
ブラッシングさせてくれる、Cのブラシはずっと逃げっぱなしといった具合に
個体によってブラシの好みの違いが出てくるのです。
なのでこれは良さそうだなと思うブラシを試してみて
猫ちゃんが嫌がらないブラシを探すようにしましょう。