猫に食べさせてはいけないもの

猫が食べてはいけないものがある

猫と言えばなんでも食べるイメージがありますが、実は「猫には食べさせえない方が良いものがある」と言われています。間違ってこれらのものを食べさせると大変なことになりますので、注意しましょう。
猫は自分で「たべていいものと悪いもの」を区別できないことがあります。
だから、人間の方で気を付けて、「猫が口に入れないようにしてあげる」ということが必要。
しっかりと、猫がたべてはいけないものが口に入らないようにしましょう。

マタタビはあんまりよくない

猫といえばマタタビが大好きなイメージがありますよね。
確かにすきであることに違いはありませんが、マタタビをあげると猫の中には攻撃的になってしまう子もいますので、避けた方が無難です。攻撃的になると、やはり人に危害を加えるかもしれません。
そのことを考えると、やはりマタタビは避けた方がいいのではないでしょうか。

ユリ科のもの

ユリ科の食べ物に関しては、猫には与えない方が良いと言われています。
なぜかというと、このユリ科のたべものを食べてしまうと、猫は腎不全になってしまう可能性があるとか。
腎不全と言えば大変な病気で、もしかすると死んでしまうかもしれません。そのことを考えると、やはりユリ科のたべものはさけてあげた方が無難でしょう。

ちなみに、たべるだけでなくユリがつかっている水を飲んだだけで呼吸困難を起こすこともあるそうで、猫にとってどんなにユリが棄権なのかが解ります。非常に怖いたべものなので、猫にあげないことは徹底してください。また、家に持ち込まない努力も必要です。

ネギもよくない

最近は少量ならいいと言われているそうですが、やはり基本的に「猫にねぎは良くない」と言われることが多いです。そのことを考えると、やはりネギは与えない方が良いでしょう。猫はネギをたべなくても生きていくことができますので、無理をさせる必要はありません。それより、やはり無理をして食べた猫の体が心配です。もちろん、過熱をしてもだめなので、食べないようにしてくださいね。

他にも、チョコレートなども体に良くないと言われています。
中には、食べることで体に異常が出てしまう場合もありますので、そのことをきちんと考えて与えることが大事。特に気を付けたいのは、手作りでご飯を作る場合です。キャットフードには怪しげなものが入っていませんが、手作りご飯だと間違って体に悪いものを入れてしまうかもしれませんよね。

そのようなことを考えると、手作りをする時には入念な注意をしなければなりません。気を付けながら、猫の食事を作ってあげて下さいね。