噛み癖をしつける方法

スコティッシュフォールドの仔猫を家に迎え入れてからは一緒に遊んであげたりして一緒にいる時間も長くなってくると思います。
子猫から徐々に成長していくわけですが、その中で悩みを抱える飼い主さんが出てくるのです。
それはどのような悩みかというと噛まれるという悩みが出てくるケースがあります。
見た目にも愛くるしいスコティッシュフォールドですが、歯や爪は鋭いので噛まれたり引っかかれたりすると痛いのが本音です。
なので噛まれてしまうということが続いてしまうと「このまま大きくなっても噛まれていくことが続いてしまうのだろうか」という心配も出てきてもしょうがないのかもしれません。
でも、猫にも噛む理由があったりしますのでこれらを理解することによって噛まないような方向に持っていくことも可能だったりします。
よくあるケースは生後半年前後の時期になるのですが、噛む頻度がかなり上がる猫が多いのですが、この時期は歯の生え変わり時期なのです。
乳歯から永久歯に生え変わります。
このときにいわゆる「はがゆい」状態になりますので思いっきり噛みたい!と思ってしまって飼い主さんにもガブガブ噛んでしまう猫もいるのです。
この時期の噛み付きは手ではなくガムなどおもちゃといったほかのものを噛ませるようにして「手を噛んでいいものではない」という区別を教えてあげつつ、歯の生え変わり時期を乗り切りましょう。
それ以外の噛み付きの場合は多くの原因として仔猫のときに手で遊んであげたり甘噛みを許したりしていたというケースが多いです。
そうすると「手は噛んでも良いもの」と覚えてしまうので手で遊ぶのではなく、猫用のおもちゃで遊んであげるようにするといった工夫も必要になってきます。
噛まれそうだなって思った時におもちゃを使うことによって注意をおもちゃに持っていくということを繰り返して改善していくようにしないといけません。
それ以外にもいきなり噛まれるというケースもあります。
おもちゃで遊んでいる時にうまく捕まえられない時とかにいきなり八つ当たりのように噛まれてしまうというケースがあったり、また遊んでいて興奮状態が続いてその延長上で人間に噛み付いてしまうという猫もいるのです。
これは性格なども関連してきたりするのですが、こういったことがあるかもしれないと気がついたら遊び方を工夫してあげたりすることも必要だったりします。
たまに捕まえることが出来るようにしておもちゃで遊んであげたり、興奮状態になってしまった時には一旦、様子を見て落ち着いてもらうようにするといった対応も試してみてください。
もしどうしても治らないという場合にはペットショップなどに噛み癖のしつけ用に手に塗ったりするものが販売されていますので、これらを購入して手に塗ったりして対応するという方法もあります。
このように大部分で噛むことにつながる原因というのもありますのでそれらを理解して対応すればある程度解決することが出来たりもしますので工夫してみましょう。