スコティッシュフォールドの魅力と人気の理由

スコティッシュフォールドは、スコットランドの牧羊農家に生まれたという歴史があります。
丸い顔と丸い目が非常に愛らしく、
被毛は、柔らかく美しいのが特徴になっていて、毛色も豊富です。

スコティッシュフォールドは、丸い顔と垂れ下がった耳が特徴になっていますが、
垂れ下がった遺伝子を持っている猫は、全体の3分の一程度だそうで、
垂れ下がった耳の猫よりも、立ち耳の猫のほうが実際には多いようです。

日本猫に似た要素を持っているため、日本でも非常に人気が高くなっていて、
飼育した経験のある方は、ほとんどの方が夢中になって溺愛をしています。
温和でおとなしい性格で、あまり鳴かないため、マンションでも比較的飼育がしやすい品種でしょう。
運動量もあまり多くないため、下の階にもあまり神経を使わずに済みます。

遊ぶのが大好きなので、キャットタワーを設置して上下運動ができるようにしてあげたり、
ねずみのおもちゃやねこじゃらしなどで遊んであげたりすると、とても喜びます。
ペットショップやホームセンターでも、おもちゃ類が揃っているので、
喜びそうなものを選んであげると良いのではないでしょうか。

スコティッシュフォールドは、とても人懐こく、明るい性格をしているので、
友人が遊びに来た時でも、すぐに馴れる順応性を持っています。
どんなフードを食べさせてあげたらよいかと思っている方が多いですが、
特に特別な食事を与える必要はなく、栄養バランスの良い栄養価の高い食事を与えてあげるようにすると良いでしょう。

信頼できる動物病院を見つけて、子猫のうちにワクチンを接種しておき、
健康診断を定期的にしてもらうようにして下さい。
比較的、飼育のしやすい品種なので、信頼できるブリーダーのもとで
育ったペットショップで購入するようにすると良いと思います。

長毛種と短毛種がありますが、子猫のうちから、お手入れを習慣づけておくと、
ブラッシングを喜ぶようになります。
長毛種は、毛玉ができやすいので、丁寧にブラッシングをしてあげるようにして、
おしりの周りをきれいにしてあげるようにして下さい。

容姿がとても愛らしいですが、それ以上に性格の愛らしさが人気の理由になっています。
静かで、清潔な環境で育ててあげるようにしたいものです。
仕事や育児、家事などで忙しい方も、スコティッシュフォールドはとても癒やし系の品種なので、
柔らかい被毛に触れているととても気持ちが安らぎます。

子猫のうちは、消化器官が未発達なので、お腹を壊しやすいので注意をしてあげるようにして下さいね。