スコティッシュフォールドの相場と人気

スコティッシュフォールドとは、イギリスを起源とする猫の品種です。
通常の猫との違いは、短めの首、丸い顔、丸い小柄な身体も独特ですが、なによりも「折れた耳」が大きな特徴でしょう。
犬には耳が折れた品種も珍しくはないですが、猫で耳折れの品種は非常に珍しく、それが人気につながっています。
スコティッシュフォールドの誕生は突然変異によるものです。
その歴史は、1961年にスコットランドのある地域で生まれた一匹の猫から始まっています。
スージーと名づけられた雌猫は、同じくして生まれた他の猫とは違い、どれだけ年月が経っても耳が立たないままでした。
さらに成猫となったスージーが子猫を生むと、その中にスージーのように耳折れの猫が誕生したのです。
耳折れが遺伝することを受けて、スコティッシュフォールドの繁殖が始まったとされています。
その後、耳折れの猫がアメリカまで渡り、アメリカンショートヘアとブリティッシュショートヘアを用いて品種改良が続けられ、1994年に「スコティッシュフォールド」という品種で、正式な認定を受けました。
変わった風貌からも人気がありますが、性格がのんびりとしている、 穏やか、感情の起伏が激しくない、人懐っこいということもあり、初心者の人にも買いやすく、見た目も珍しいということを受けて飼い猫として選ぶ方は少なくありません。
実際に、アニコム損害保険が2009年に行った調査によると、スコティッシュフォールドが猫の品種としては最も人気が高いという結果が出ています。
また、ご存知の方も多いでしょうが、Youtubeに投稿されて有名になった猫の「まる」もスコティッシュフォールドです。
まるは、2009年にCMにも出演しています。
スコティッシュフォールドの価格は、色々と比較してみると、10万円以下の値段がついている子もいれば、40万円近くする子もいます。
かなり幅広い価格ですが、価格差はロングヘアかショートヘアか、立ち耳か折れ耳かで変わってくるのです。
スコティッシュフォールドの中には耳が立っている子もいます。
ただ、全体的な平均相場を見てみると10万円前後が価格としては一番多いです。
購入はペットショップ、ブリーダーなどから購入できますが、動物を繁殖させて健康管理をしていくにはお金がかかるので、あまりに安い子では管理がされていない可能性もあり健康面が不安です。
購入する際は信頼できるところで選ぶか、知り合いのブリーダーさんに頼む方法がいいでしょう。