スコティッシュフォールドの性格と特徴

スコティッシュフォールドは性格も特徴的

スコテッシュの特徴的な性格愛くるしく垂れた耳にふっくらとした頬をしたネコ、フクロウ等と呼ばれるその独特の丸顔と丸みのある背中、密生した毛でシルクのような手触りがありとても人気のある品種のスコティッシュフォールドは性格も特徴的です。
まず非常に人懐っこいので、始めて見た人にも懐くほど、人になれた性格になる子が多いのです。
そのためしつけが容易で人に合わせた生活をしてくれるネコちゃんが多いですね。
ひざに乗ってきて甘えん坊の特徴でもある手で揉む動作(オッパイをもらうときの動作)をしてからじゃないと寝ないなんて子もいるそうです。
おとなしい性質も特徴で遊びや運動が嫌いと言うわけではないですが、他のネコに比べて比較的暴れまわったりすることは少ないです。
そのためネコをはじめて飼う初心者や、マンションアパートでネコを飼う人に特にお勧めですね。
品種の歴史はまだ浅くスコティッシュフォールドの最初の一匹は1961年にイギリスのスコットランドの農場で生まれたスージーと呼ばれるネコでした。
このネコが妊娠した時に生まれた子供の中にも耳の垂れた子がおりこの性質が遺伝することがわかったのです。
独特の胡坐をかくような座り方をしてあたりをキョロキョロ見回すのも特徴で、この座り方をスコ座りなどと呼ぶそうです。
スコティッシュフォールド、スコ座りなどのキーワードで検索すると写真なんかも見れます。
とても可愛いので一見の価値はありですよ。
とてもよく懐くと言うのは前記の通りなんですが人の近くにいることも大好きで、ストーカーばりに付いてくるとかトイレにいっても付いてくるなどと表現されるほど、人の周りにいることが大好きなネコでもあります。
この良く付いてくるという特徴は赤ちゃんのころから大人になってからも抜けませんので、これはとっても可愛いので是非可愛がってあげてください。
毛色も豊富でほとんど全ての種類の毛色をもったネコちゃんがいます。
手入れは短毛種だったら一日一回程度のブラッシング、スコティッシュフォールドには数が非常に少ないですが、長毛種もおり長毛のネコちゃんは一日二回ほどブラッシングをしてあげましょう。
その垂れた耳は汚れが溜まりやすく耳の病気も注意です。
たびたび耳の中をチェックしてあげましょう。
運動音痴なネコちゃんも多く遊んであげてもドンくさいなんて子もよくいます。
臆病な子もいるので飼うときは大きな音をたてたりしないようにしてあげましょう。
甘え方はネコによって個体差がありますが、甘えん坊過ぎて困ることもあるくらいの子もいますので注意が必要です。
犬に近いなんてたとえをされることもある性格で、人懐っこいだけでなく人のいうことを良く聴く傾向にあります。
スコティッシュフォールドはとても飼いやすいネコであり、ネコの中で一番といっていいほど人に寄り添ってくれるネコちゃんです。
自分のパートナーの様に寄り添ってくれるネコをお探しなら選択肢の一つとしてこのネコがお勧めです。