遺伝性骨形成異常症とは

スコティッシュフォールド特有の病気

スコティッシュの遺伝的な病気について遺伝性骨形成異常症とは、スコティッシュフォールド品種特有の遺伝性の病気です。

というのもスコティッシュフォールドの最大の特徴は垂れた耳であることから、耳の部分にあるような軟骨の異常が身体の他の部位にも出てしまうことがあるのです。

特に垂れ耳のスコティッシュフォールド同士の掛け合いで生まれた子供猫には発症しやすく、成長していくに従い骨格や関節の形に異常が起こりそれが痛みやその他の身体の不自由を作り出します。

ほとんどの場合は子猫のときに発症し、成長をして骨が固まっていくことで次第に和らいでいくようになるのですが、子供のときにはまったく発症していなかったのに成猫になって突然に症状が出るようになってしまったケースもあります。

またさらに悪い場合には子供のときに発症した症状が成猫になってからも改善されずずっと異常が続いていってしまうということもあるので、早いうちから診療をうけるとともに早めに症状が収まるようにしていかないといけません。

目で見てわかる症状もあります

スコティッシュフォールドを飼っている人に注意をしてもらいたいのが足の部分に起こる変形です。

遺伝性骨形成異常の症状が出ると、後ろ足の関節部分などにコブのような膨らみが出てきます。

これは医師でなくてもすぐに気づくほど大きいもので、目でみて変形が確認できるくらいになるとかなり猫の方でも痛みを感じていることになります。

高いところから飛び降りるのを躊躇するようになったり、なんとなく片足をかばうような歩き方をするようになっていたらそれも症状が出ているサインなので早めに動物病院に言ってレントゲンなど詳しい検査を受けるようにしましょう。

残念ですがこの遺伝性骨形成異常はスコティッシュフォールド特有の病気として広く知られてはいるものの、現在までに確実に治すことができる治療法が確立しているというわけではなく、発症をしていてもそれが収まるまでできるだけ安静にしておくというくらいしか治療法がないというのが実情です

治療法については動物病院の医師によって扱いが異なることもよくあり、診療を受けたところ一人の医師は「最悪の場合には足を切断することになる」とまで言うかと思えば、別の病院では「安静にしていればそれで危険になることはまずない」というふうに言われることもあったりします。

これは医師の診断が悪いというよりも、そのスコティッシュフォールドに起こる症状は実際に進んでみないとわからないという複雑さが理由になっています。

いずれにせよコブが大きくなると歩行すら困難になっていってしまうので、その間飼い主さんはしっかりと食事など管理しながら介護にあたることになります。

悪質なブリーダーから購入をしない

もともとスコティッシュフォールドという品種は別の猫を交配させているときに偶然に現れた垂れ耳の猫ばかりを集めて安定的に出産されるようにしたという人工的な品種です。

そのため遺伝子的にかなり偏ったものを保有しており、世代の間にはこのような治りにくい先天的な病気を持っている個体がたくさん出てきたりします。

スコティッシュフォールドは人気猫種であることから、悪質なブリーダーの中にはそうした遺伝的弱さを全く気にせずとにかく垂れ耳の猫ばかりを強制的に出産させていることもあります。

新たにスコティッシュフォールドを購入するときには信頼できるブリーダーを通し、違法に増やした個体を取引しないようにしましょう。