猫のいびきについて

やや大きな寝息のような猫のいびき

人間でも同じですが、「いびき」は、睡眠中に呼吸器官が発する雑音で、動物の生理現象です。
呼吸の際に取り入れた空気の通路の何処かに障害物があれば発生してします。

人間の場合、「ガ~ガ~」という大音響の雑音が出る要因としては、上を向いて横たわった姿勢で喉に「喉ちんこ」や「舌の付け根」が落ちて気道をせばめたり、肥満によりせばまったりした気道等が疑われます。
また、「ピーピー」と高音のいびきは、鼻水が詰まったり、鼻ポリープが出来たりと、鼻腔内の異物に原因がある場合が多いです。

猫のいびきのケースでは、大半は鼻腔が詰まって発する「ピーピー」「キュ~キュ~」といった音のいびきです。
猫は人のように上を向いて寝ることが無いため、気道がせばめられて生じる「ガ~ガ~」音のいびきにならないのです。
音は小さく、大きめの寝息と言った方が適確でしょう。
クシャッと潰れたようなペチャ顔を持つエキゾチックショートヘアなど、鼻の低い猫に良く見受けられます。

猫種によっても異なる正常な鼾と異常な鼾

通常、猫のいびきは気道ではなく、鼻腔から発生します。
時折、寝息が大き目になったり、不自然な苦しい体勢のままで寝た時に大きめの「ピーピー」鼾をかく程度ならば問題は無いでしょう。
しかし、「ガ~ブ~」と大きないびきをかいたり、睡眠時は常にいびきをかくようになれば、疾病が疑われます。

ただし、エキゾチックショートヘア等のペチャ鼻の短頭猫では事情が異なります。
短頭種の猫の場合は、もともと鼻腔が狭く、元気な体でもいびきをかきやすい体質にあります。
ただし、急に変化したような場合は安易に素人判断をせずに、病院受診をするようにしましょう。

猫の鼾で疑われる疾患

猫が鼾をかくように変化したとき、どんな病気が疑われるのでしょうか。
実は、猫ウイルス性鼻気管炎、鼻炎、副鼻腔炎、肥満、気道内の腫瘍等、多数の病気の可能性が疑われますので、素人の判断では本当に危険なのです。

ネコに特有の鼻気管炎の概要と病状は次の通りです。
この疾患は、一般に猫インフルエンザという他の名称も持ち、放置してしまうと、他の感染症に進んでしまいます。

ウイルスは低温で低湿度の場所を好み、冬季に寒い室外の空気に触れて低体温の眼や鼻に症状が出る傾向にあります。
ネコ科動物は全種ともに「猫ヘルペスウイルス」の感受性を有しており、どの猫種も患う可能性を持っています。

特に、仔猫や高齢の猫などは免疫力が弱いため、肺炎を併発しないように留意する必要があります。
妊娠している母猫の感染は、流産の危険を伴いますので、様子をよく観察して、異常を感じたら早めに受診しましょう。
症状は、食欲不振、咳、鼻水、鼻周辺の皮膚炎、口内炎、発熱、涙や目やにの増加などです。