くみっきー(舟山久美子)

ファッション雑誌「ポップティーン」のモデルを長く務めたくみっきー

くみっきーは1991年生まれで、雑誌モデルを経て現在では主にタレントとして活動しています。
17才のとき、渋谷でスカウトされ、それを機にモデルの世界の第一歩を歩み始めます。
舟山さんのキュートな魅力は10代の女子を中心に益若つばささんと同様に大人気となり、人気の女性ファッション雑誌「ポップティーン」のモデルとして活躍し続けました。

一時は17カ月号続けてポップティーンの表紙を飾るほど絶大な人気を誇り、ポップティーンの顔になっていた時代もあるくらいの人気モデルです。
その後中国へ出向き、複数の日本人ファッションモデル達とともに、ギャル文化を中国へ輸出する役割を担ったり、TVドラマに出演したりします。

舟山さんは2014年にポップティーンを卒業しました。
現在はタレントとしての活動が中心で、バラエティー番組で活躍するなど、活躍の場を広げながら、ファンを増やしています。

舟山さんの愛猫が大きな話題に

そんな舟山さんですが、最近、Instagram等のSNSで度々舟山さんと愛猫とのツーショット画像や動画がアップされています。
その猫の姿が可愛いすぎると話題になっているのです。
子供の頃から猫と親しむ環境で育ったそうで、もともと猫好きの要素はあったんでしょう。

舟山さんには2匹の愛猫がおり、どちらもスコティッシュフォールドの雄です。
はじめにロワ君という猫を飼いますが、その可愛さに猫愛が目覚めたのか、その後2匹目のアム君を家族に迎え入れました。

最初に家族として迎え入れたのはロイ(ROI)君

最初に迎え入れた猫は「ロイ」君です。
ロイ(ROI)とは、フランス語で「王」を意味します。
その名前の通りにロイ君は、ホワイト色をベースに、まるでミルクティのような明るいクリーム色の毛色をしており、その風格は王にふさわしい気高さを持ちます。
耳はペチャりと前に目に折れた「折れ耳」で、普通にしていても丸い顔ですが耳が折れているため輪をかけて真ん丸です。
その可愛い顔に加えて真ん丸な目が魅力的なのです。
毛は長毛でふわふわ・もふもふで、思わず抱きしめたくなること間違いなしです。

2匹目に家族に迎えたアム君

2目匹の家族として選ばれたのも同じ猫種スコティッシュの子猫アム君です。
アム君の名前の由来は、フランス語の「アムール」からとられています。
アムール(amour)はフランスで、愛を意味しますので、「皆に愛を振りまける子」という希望から、略してアムだそうです。
そういえばイタリアで活躍する長友選手のプロポーズで「アモーレ」が話題になりましたが、同じ語源なのでしょう。

なかなか部屋から出られないくみっきー

スコティッシュフォールドの性格は、見かけ通りに穏やかで人懐っこいので、飼い主に長くかまってもらえないと、寂しさでストレスを感じます。
その性格通り、くみっきーが出かけようとすると、仔猫のアムが見送りに玄関まで来て寂しそうに見送るので、なかなか部屋を出られないそうです。