小嶋陽菜

AKB48の中心メンバーだった「こじはる」こと小嶋陽菜もネコ好き

「こじはる」はAKB48の結成時からの1期生で、AKB48を絶大な人気アイドルグループに育て上げた大黒柱でもあります。
ハッキリと整った顔立ちとスリムで引き締まった抜群のスタイルを持っており、下着のCMに起用されたこともあり、メンバー内で「セクシー番長」とのあだ名があったようです。

1988年生まれで、埼玉県出身の小嶋さんは、ごく普通の家庭育ちで、高校教師の父と、専業主婦の母の間の長女として生まれました。

子供の頃からSPEEDなどに憧れを持ち、小学4年生のときには「沖縄アクターズスクール」全国オーディションで、特別賞を授与されるほどの才能を持っていたのです。
運動はあまり好きではないそうですが、持病もなく、健康だそうです。

AKBのプロデューサーの秋元康氏に、「あの子は天才だ」と声がかかったのだそうです。
そんな「こじはる」も、2016年「AKB48選抜総選挙」で卒業を明らかにしてファンに衝撃が走りました。
しかし、現在もモデルやタレントトとして活躍しており、今後もさらに活躍の舞台を増やしてファンを楽しませてくれると期待しています。

「こじはる」は以前、犬と暮らしていた様子がSNSにアップされていたのですが、最近は実家に預けているということで登場しません。
その後、猫を飼い始め、猫専用のInstagramを開設し、たくさんの仲良しショットを次々とアップしていると話題になっています。

余談ですが、「こじはる」は2016年の総選挙の際、キュートな猫風のコスチュームを着て「にゃんにゃん仮面」として登場しましたが何か関係あるのでしょうか。
AKBの仲間やファン達から「にゃんにゃん」とあだ名が付けられているようで、猫を飼う「こじはる」にピッタリなニックネームです。

小嶋さんの飼い猫はスコティッシュフォールド

愛猫は雌のスコティッシュフォールドで、一緒に写った姿を次々に投稿するほど可愛いようで、フワフワモフモフのその長毛は、本当に気持ちよさそうです。
ネコに付けられた名前は、「けむしちゃん」で「こじはる」らしいネーミングとファンの間では噂されています。

「けむしちゃん」の体の色は、ホワイト色にグレーの毛が混ざる雌のスコティッシュフォールドです。
クシャッと前に折れた耳は長毛に隠れてしまったかのようで、体全体がフワフワの毛でぬいぐるみのようにおおわれています。
目が真ん丸で大きなパッチリおめめです。

「こじはる」と「けむしちゃん」の出会いは定かではありません。
ただ、AKBで同期だった高橋みなみさんなど、AKBの愛猫家仲間の多くはペットショップで出会っていることが多いらしいので、この二人も同様だったのかもしれません。