猫とマタタビの香り

好みが全て一緒とは限りません!

猫の大好物といえばマタタビを真っ先に思い浮かべる方も多いですが、必ずしも全ての猫がマタタビ大好き!というわけではありません。
人間も食べ物や異性の好みが違うように、猫にだって好みの違いが生じるのも当然です。
マタタビが大好きだという子がいる一方で、マタタビなんて嫌いだという子がいてもおかしくないのです。

参考:猫をメロメロにする「マタタビ」の成分と意外と知らない危険性

猫がマタタビを好きな理由

猫とマタタビの香りは密接な関係があり、猫がマタタビを好む理由とされているのがネコ科の動物を性的に興奮させることができる香りを秘めた媚薬だからなのです。
マタタビの香りを嗅いだ猫は、まるで酔っ払ったようなおかしな状態になってしまいます。
いつもとは異なるテンションになり、急に床を転げまわる子もいれば、家の中を走り回って興奮する子もいます。

このような変化が生じるのはマタタビに存在している成分によるもので、猫の大脳を麻痺させて眠気を生じさせて反射神経を鈍らせてしまうという反応が起こります。
人間に対して麻薬を使用した時と同じような反応が、マタタビを猫に与えることで起こってしまうのです。

一般的に猫にマタタビを与えると喜ぶとされていますが、マタタビに全く興味を示さない子もいます。
特に子猫やメス猫は全く興味を示さないことが多いそうで、オス猫も去勢を行っている場合には反応しないこともあるようです。
このような反応はなぜネコ科の動物だけに起こるのかわかっていない部分が多いのです。

リスクが高いことを忘れずに!

猫はマタタビが大好きだからおやつ代わりに与えたら良いのではないか?と考える飼い主さんもいるようですが、決して頻繁に与えるものではないと考えてください。
マタタビは猫の中枢神経に作用する性質があることから、与えられる度に脳が一時的に麻痺した状態になるのです。
何度もその状態が続くということは、脳へのダメージが大きくなることが想像できると思います。
常用し続けると呼吸困難を引き起こして突然死する可能性もあると言われています。

また注意しなければいけないのはマタタビアレルギーを持っている猫も存在しているということです。
アレルギー反応を示すことで呼吸困難に陥ってそのまま死に至るというケースも珍しくありません。
年齢を重ねている老猫や、心臓に疾患を抱えている猫などに対してはマタタビを与えただけで刺激になってそのまま死に至ることもあるのです。

猫にマタタビを与えると面白い行動をすることから、飼い主さんも面白がって何度もマタタビを与えている人もいるようですが、本当に猫のことを可愛いと思っているならそのような行為は今すぐに止めてあげましょう。
本当にそのまま命を落としてしまうこともありますので、必要以上にマタタビを与えないようにしてください。