猫のペット保険

猫を飼うならペット保険への加入は必須

スコティッシュの保険について猫を自宅で飼うなら、今やペット保険への加入は必須と言ってもよいでしょう。

ペット保険はここ最近急激に増えてきたサービスで、競争が激化したこともあって数年前と比較してかなり便利なサービス内容になっています。

猫や犬などのペットが病気や怪我をしたときには、最寄りの動物病院に診療を受けにいきますが、このときにかかる医療費は基本的に全て自分で負担をしなくてはいけません。

全額自費負担で受ける医療行為というのはびっくりするほど高く、ちょっとした診察だけでも数万円くらいは軽くかかってきます。

病気だけでなく定期的な健康診断や予防接種などなにかと使用をすることの多い病院施設なので、保険に加入しているかどうかでかなり年間にかかるペットのための費用も変わってきます。

ずっと自宅から出さないで飼育をするので関係ないと思う人もいるかもしれませんが、実際に動物病院で統計をとってみると、ペット数全体の半数以上は1年に1回以上の受診をしているためやはり保険に加入をしていにのは不安です。

ペット保険の内容とは

ペット保険に加入をすると、まず飼っているペットが病気や怪我をしてしまったときに病院で受けた診療ののための費用の全額もしくは一定割合で補償してもらえます。

保険加入時には補償割合を100%、70%、50%といった中から選べるようになっており割合に応じて月々の保険料も変わってきます。

補償される保険内容も異なっており、怪我や病気のための治療のほか、外科手術や入院、身体に障害が残ってしまった場合の介護器具の貸出など広くカバーできるものもあります。

また保険期間も短期で行う契約と長期でできる契約とがあり、加入するペットの年齢によって保険料が変わってきます。

人間の生命保険や医療保険と同じで、基本的には年齢が若い猫ほど保険料が安く高齢になると保険料が高くなります。

保険会社によっては一定年数以上になると加入ができなくなるというものもあるので、老猫を飼っているときなどは終身で入れるところを探すというも大事です。

ペット保険の請求方法

ペット保険はどの会社のものを利用するとしても、全国の動物病院のほとんどで使用が可能となります。

順序としてはまず実際に怪我や病気が起こったときに最寄りの動物病院ぬい行きそこで診療を受けたときに必要書類を提示します。

一端自費で負担をしてから申請書を直接保険会社に提出して払い戻しを受けるという方式と、保険加入書を病院窓口に提示することですぐに保証分の減額をしてくれる方式とがあるので加入時にはそこもチェックしておきたいですね。

保険料を安くするためのコツとしては、できるだけ若いうちに長期契約をするということと、きちんと定期的なワクチン接種や健康診断を受けてそれを正しく報告するということがあります。

もしきちんと自治体から案内のある予防接種を受けていなかったり、過去にかかったことのある病気などを隠していたりすると、思うような補償を受けられないということもあります。

保険加入はほとんどの保険会社でオンライン申込になっているはずです。

迷っているならそれぞれのサイトから資料を取り寄せて比較をしてみるというのもよいでしょう。