猫の爪とぎについて

なぜ猫は爪とぎをするのか

スコテッシュの爪猫を初めて室内で飼い始めるというときに、なかなか慣れるまで苦労をしてしまうのが「爪とぎ」という習性です。

賃貸住宅などで「ペット禁止」をうたっていることが多いのも、室内で猫を飼われてしまうと建材である柱や壁を爪とぎでボロボロにされてしまう可能性があるからです。

子猫のときからかなり厳しくしつけても、気が付くとガリガリやってしまっていることもよくある爪とぎですが、それは身体に必要なケアであるとともに動物的な習性でもあったりします。

猫の爪とぎを正しくしつけるためにはまずなぜ猫は爪とぎをするのかということからしっかりと理解しておく必要があります。

猫が爪とぎをするのは、人間が爪切りをするのとだいたい意味は一緒ですがそもそも爪が生えてくるまでのしくみに違いがあります。

人の爪は既に生えているものが根本の部分から前に向かって伸びていくようになっていますが、猫の場合には爪は古い爪の下に新しい爪ができてくる、いわば傷の再生のような形をとります。

ですので放っておくと皮膚の上にかさぶたができるような感じになっていき非常に強いかゆみを覚えます。

それで爪とぎのために木材など爪がひっかかりやすい場所にガリガリと擦りつけたくなってしまうのです。

マーキングとしての効果もあります

また猫の爪とぎは機能的な意味だけでなく、排泄物によってその範囲に臭い付けをするマーキングと同じ意図もあります。

爪とぎでは糞尿をかけるときのように匂いは残りませんが、本人のものである爪あとが残されることにより新たにその場所を訪れた猫達が「ここには怖い先住猫がいるぞ」と理解するきっかけになります。

室内で猫に爪とぎをされたことがある人などは「どうせなら目立たないところでやってくれればいいのに」と思うほど、すぐに傷があるとわかるようなところにされてしまって困った覚えがあるかと思います。

それもそのはずで、爪とぎをしたということを他の生物に知らせるためにやっているのです。

猫は爪とぎをできるだけ高い位置に、大きく残そうというふうに思っているのでしつけをする時には充分に教えておくようにしないと室内はとんでもないことになってしまいます。

もう一つ、爪とぎはガリガリこするということでストレス解消をする意味もあります。

室内だけで暮らしている猫などは外界に出かけてストレスを発散する機会がないため、ちょっとしたきっかけで派手な爪とぎをしてしまったりします。

もし普段は爪とぎをしなかった猫が突然ひっかき始めたら、それは何らかの強いストレスを感じているというサインなので飼い主さんは気をつけましょう。

猫の爪とぎを防ぐには

室内で猫を飼うときに爪とぎを防ぐ方法としては、「爪とぎ専用の場所を用意してあげる」かもしくは「爪を定期的にカットする」という二種類があります。

猫は一度爪とぎをした場所で繰り返しやりたがるという習性を持っているので、まず飼い始めから爪とぎのための板を購入するなど場所を用意しておき、爪とぎをしたがったらそこに連れて行くようにしましょう。

爪とぎ板は専用のものがペットショップにも売っていますが、ダンボールや古いじゅうたんなどを使って自作する飼い主さんもいます。

室内から出ない猫なら爪を短く切っておくようにするのも効果的です。

猫の爪切りはなれないとちょっと難しいですが、丁寧にケアをしてあげればフローリングを歩くときにカチカチ音がしなくなり、仮に爪とぎをしても建材を傷つけずにすみます。

どのような生活スタイルで飼っていくかにあわせて爪とぎ対策をしましょう。