ペットホテルの選び方

ペットホテル産業のいま

ペットホテルとは、飼い主さんがどうしても家をしばらく留守にしてしまうときに一時的にペットを預け適切な世話をしてもらうというサービスです。

もともとは出かけるときに近所の人にかわりに面倒を見てもらっていたようなものを、きちんとサービスとして受けるようになったのが始まりです。

ペットホテルに似た産業は昔からありましたが、近年はペット数が増えたということや、一人暮らしでペットを飼う人も多くなっていることもあり、産業件数自体が急増する傾向にあります。

留守中のペットを預けるサービスとしては、ペットホテルの他自宅にシッターさんを招いて自分の代わりに世話をしてもらうという「ペットシッター」があります。

自分で特定の場所に連れて行って世話をお願いするか、それともペットの普段の環境を変えずに自宅にいる状態のままで世話を代わりの人にやってもらうかは人それぞれですので好みに応じて使い分けるといいでしょう。

ペットホテルのメリット・デメリット

ペットホテルのメリットは、自宅によその人を招かずにペットの身一つだけで依頼をすることができるという点です。

ペットホテルの大半は室内にいくつものゲージを置き、その中の一室に入れて期間中を過ごさせるというものです。

ペットホテルを専門に行う業者もあれば、動物病院などの診療施設が入院用のゲージをペットホテルとして貸出をすることもあります。

犬の場合にはずっと狭いゲージの中ではストレスがたまるので、1日数回散歩に連れていってもらうこともできます。

ドッグフードなども特に指定がなければホテル側で用意をしてくれるので、期間中の利用料を支払えばホテルの素泊まりと同じ感覚で預けておけます。

ただ人間にとっては便利で使いやすいペットホテルですが、ペットにしてみると急に生活していた環境が代わり世話をしてくれる人も全く知らない人になるという不安があります。

ペットの中には環境の変化になじめずずっと鳴いていたり、それがもとで体調を崩してしまうようなこともあります。

また同じ室内にたくさんのゲージがあることから、他のペットの中に感染症のもとになるウイルスなどを保有しているものがいると、そこで集団感染が起こりひどい病気になってしまうこともあります。

ペットホテルを利用するときには、きちんと適切な衛生管理がされているかどうかや、病気・怪我のときの対応について詳しく調べておきましょう。

ペットホテルを選ぶときのコツ

ペットホテルは都内などを中心にたくさんのお店があるので、まずは最寄りの利用可能な範囲にいくつくらいの施設があるかを調べてみましょう。

そしてできれば一度くらいは下見に行って、実際どういった環境でペットたちが預けられているかということを調べてみてください。

ネットの評判なども参考にはなりますが、やはり自分の目で確認してみるのが一番です。

見学をするときには、ゲージの広さや他の動物たちとの距離、清潔感といったところをチェックします。

また預ける動物にきちんと予防接種の証明書提示を義務付けているかということもかなり重要な項目になります。

それと預けたペットを受け取るとき何時まで開いているかということも何かとあとで気になる点になってきます。

ペットホテル以外の施設である、病院やペットサロン、ペットショップなども合わせて調べてみてください。