猫カフェ

猫カフェのしくみとサービス

猫カフェは、普段自宅で猫を飼うことができない人のためのちょっとした癒やしをもらえる場所です。

サービスが登場したばかりの頃から大人気となっており、中には毎週のように通い詰める常連さんが出てきたり、お店によっては大人気の売れっ子猫がでてきたりとかなり世間の注目を受けました。

今は爆発的なブームも少し落着いた感じがありますが、全国各地では出店がまだまだ続いており、地方都市などでも気軽に利用できる施設になってきました。

猫カフェとは簡単に言えばお店の中に猫がたくさんいるというカフェのことです。

ただ一般のカフェテリアと異なるのが、利用をするときの料金が時間制になっているということです。

ネットカフェやカラオケをイメージしてもらえばわかるかと思いますが、お客さんは入場をするときに何時間利用するかを告げて料金を支払い、加えてドリンク代などを支払って内部の席を利用します。

なお通常の飲食店の中に犬や猫なども動物がいるということ自体は問題はないのですが、猫カフェのように猫を営業の主体にしている場合には「動物取扱業」としての登録をしていなくてはいけません。

ほとんどの猫カフェはきちんと登録をしてからの営業をしているはずですが、念のため入るときには見えるところに登録証が掲示してあるか調べてみてください。

猫カフェで快適に過ごすために

猫カフェを利用するときには、きちんと守っておかなくてはいけないルールがあります。

例えば猫カフェ内にはたくさんの猫がいますが、そこに自宅から猫を連れていくことはまずほとんどのところで禁止されています。

猫は縄張り意識を大事にする動物なので、他の生物をつれていくとそこでケンカなどが起こったりします。

自宅に猫を飼っていて猫カフェに行きたい人はお留守番をさせておくようにしましょう。

また猫カフェによっては年齢制限があり、子供や乳幼児は入ってはいけないというふうに定められているところもあります。

子供の場合には力加減がわからず猫を乱暴に取り扱ってしまうことがあります。

もし子供OKの施設でも、内部で勤務する猫を手荒く扱わないように同伴する保護者の方はしっかりみておくようにしましょう。

他にも店内の猫の撮影が禁止になっていたり、持ち込んだおやつを与えてはいけないといった独自のルールで営業をしているお店もたくさんあるので、利用をする前にしっかりと注意書きを読み他の利用者やお店に迷惑をかけないようにしたいですね。

猫カフェの楽しみ方とコツ

猫カフェには、普段あまりペットショップなどで見かけることがないような珍しい猫種がいたりします。

猫は犬ほどではないものの、品種によって性格や触った感じなどが大きく異なります。

普段は自宅に猫を飼っているという人も、珍しい猫達を触れ合うのは楽しいものです。

また店内では置いてあるおもちゃを使って自由に猫達を遊ばせることができます。

ねこじゃらしで運動をさせたり、一緒に軽い運動をしたりと楽しみ方はいろいろなので他の人の方法などを見ながら教えてもらって楽しみましょう。

ただ猫にあまり慣れていないという人は、いきなり猫との距離を縮めようとはしないでゆっくりと近づいてくるのを待つということも大事になります。

猫には好かれやすい人とそうではない人がいるようなので、あまり自分からしつこくせずどうやったら猫の心をつかめるか研究してみるのも楽しみ方の一つです。