カテゴリー別アーカイブ: 飼い方

トイレの砂選び

意外と奥が深い猫トイレ

猫を自宅で飼うときに必ず必要になるのが猫のためのトイレ設備です。

猫は室内にある自分専用のトイレを使うという飼育方法が一般的であり、子猫から引き取る飼い主さんにとってはこのトイレトレーニングが最初の関門になってきます。

猫のためのトイレ設備はペットショップに行くと大変たくさんの種類が販売されており、猫砂やトイレのためのケースなど一式揃えるときにはたくさんの組み合わせの中から選ぶことになります。

猫トイレとして最も一般的なのが容器状になっているもので、猫の身体の大きさより少し大きいくらいの入れ物に砂を敷き詰めて部屋に置いておきます。

最近では室内の匂い対策のため、ボックスタイプになって中に入ってトイレをするようなものや、まるで人間のトイレのように入り口があってそこから出入りして行う本格的なものまであります。

どのようなものを使うにしても、まずは室内の決まった場所に置いてそこから移動をさせないようにし、猫がトイレをしたそうな素振りをしたらすぐにそこに連れていくということを繰り返して覚えさせていきます。

猫トイレはできるだけこまめに清掃をするようにしないと、猫がしたいタイミングで排泄できなくなってしまうので健康管理のためにも非常に重要です。

猫砂の使い方と選び方

猫砂として販売されているものを見ると、とてもたくさんの種類があります。

代表的なものとしては「ベントナイト」という固まるタイプの砂と、反対の「ゼオライト」という固まらないタイプの砂があります。

また砂ではなく木材や紙を使ったものや、シリカゲルを猫砂の代わりに使うという方法もあります。

どれが一番ということもなく、それぞれ性質によって使い勝手が異なるのでまずはどれか一つ気に入ったものを買って試すようにしましょう。

使い方の簡易さということでいうとやはり「ベントナイト」は糞や尿をしてすぐに固まってくれるので清掃がしやすく汚れた部分だけを取り去って補充していけばかなり経済的に使っていけます。

猫砂は頻繁に交換をするので、できれば身近に定期購入できるものを選ぶようにしましょう。

猫砂と猫との相性もあります

猫砂はそれぞれの材質によって後始末の煩雑さが異なるのですが、それ以外にも重要となることとして猫との相性があります。

というのも猫によっては飼い主が選んできた砂ではなかなか馴染むことができず、トイレを我慢して膀胱炎などを発症してしまうことがあるからです。

病気になるまででなくともどうもあまり好きそうでないということならまず猫砂の種類を変えて様子を見てみるとよいでしょう。

また猫は自分の縄張りというものを強く意識するという特徴を持っています。

同じ室内に複数の猫が飼育されているというときにはできるだけ1匹ずつトイレを用意してあげるようにして、その猫だけのプライベートなスペースを作ってあげるようにしましょう。

その際面倒なようですが、猫ごとに気に入った砂を選んであげるということも大事なポイントになります。