選ぶポイントとは

P7160023-up

スコティッシュフォールドとの生活を決めた後はどの猫ちゃんを選ぶかという事になります。
ブリーダーさんやペットショップに行くとたくさんの
スコティッシュフォールドと出会うことが出来るのです。
なので、スコティッシュフォールドを選ぶポイントなどがあるかということになってきます。
スコティッシュフォールドを選ぶ時に最初に耳を見る人が多いことでしょう。
一般的にスコティッシュフォールドの耳は3種ぐらいに分類されます。
完全に耳が折れ曲がっているタイプと、ちょっと耳が折れ曲がっているタイプ、
そして立ち耳の3種類に分類されるのです。
どの耳のタイプをまず選ぶかということになるのですが、
これに関しては本当に好みの問題になってきます。

立ち耳でも構わないという人もいますし、
しっかり耳が折れているかというところをこだわる人もいるのです。
もしくは完全に耳が折れている場合だと、耳の通気性も多少悪くなるので
耳の問題も出やすいという理由でちょっと折れているタイプが良いという人もいます。
いずれも共通して言えるのは耳がキレイか、確認してみてください。
まれにペットショップから購入したはずなんだけど後で耳ダニがいることがわかって
治療することになってしまったなんていうケースもあるからです。

なので耳がきれいかも確認させてもらうと良いと思います。
後は大体、子猫の状態で見ることが多いと思いますので
丸みがあるかどうかも確認してみましょう。
小さいにも関わらず、丸みがない体型の場合、痩せているという疑いも出てきます。
後々、体調面で弱いという心配も出てきますからしっかり食べて育っている猫、
丸っこい猫を選ぶようにすることもポイントです。

後は他の猫のときと一緒になりますが、毛並みは良いか、はげたりしていないか、
目やにがひどくないか、鼻が出たりしていないか、
くしゃみなどをしていないかといったこともポイントに見てみるようにしましょう。
こういったことを踏まえて選ぶのですが、後一番重要な点になりますが、
本当に縁がある猫ちゃんにあった時にはなぜかものすごく気になっちゃったりするものです。
本当にこればかりは縁があって気になってしまうのだろうなというフィーリングがあります。
会ってからどうしても気になってしまうという猫ちゃんがいるようであれば、
その猫ちゃんを検討する方向で考えていくと良いかもしれません。

最初はいまいちそういった感が働かなくてもじっくり見て接していくうちに
スコティッシュフォールドのとりこにだんだんとなっていくものです。
どんな猫と出会うか、それは本当に人によって違いがありますので
まずはいろいろと出会いを体験してみて、
その中で気に入った猫がいたら受け入れを考えるようにしていくと良いと思います。
でもいずれにせよ、健康面において元気な猫を選ぶのはある程度必要になってきますので、
先ほどのポイントをもとに元気な猫ちゃんを選ぶようにしましょう。