里親制度

動物愛護の意識の高揚により生まれた猫の里親制度

動物愛護に対する意識が高まったことやインターネットを利用した情報の発信・入手の手段の多様化に伴い、猫の里親制度が注目され、その定着が望まれます。
自分が猫と暮らそうと思ったとき、ショップや繁殖家から有償で購入する方法以外の方法として、里親制度を利用することも考慮してはいかがでしょう。

公共機関の里親募集を利用

機関の呼び名は地域によって異なりますが、「動物愛護センター」や「動物保護センター」など呼ばれることが多いです。
一定期間、飼い主のいない動物を保護し、引き取り者が見つからない場合は処分されてしまいます。
なので、公共機関から猫を里子として引き取ることはネコを孤独から救うのみならず、命を救うことなのです。
各都道府県には動物センターが設置されていますので、情報を集めて、一度訪ねてみてはいかがでしょう。

民間機関の里親募集を利用

民間が運営する里親制度もあり、こちらはそれぞれ団体ごとにルールが定められています。
団体はそれぞれ独自のホームページを公開しており、団体ごとに特色があることが分かります。
処分されそうになった猫達を保護している団体の中には、保護センター内に独自の動物病院を持つ団体もあります。
この団体は、センター内の猫達に医療行為や健康管理をほどこしながら里親探しをしています。

里親になる際の心の準備

捨てられて保護された猫たちを見ると同情心から家で引き取ってあげたいと思いがちです。
でも、猫を飼うということは、一日中猫が家にいるということですので、ともに暮らす覚悟が必要です。

自分が寂しいとき、落ち込んだとき、暇なときだけ、猫が現れてくれるわけではありません。
事前に、自分の生活の中で猫が存在しているシミュレーションを繰り返して、今猫が存在したら自分はどう感じるだろうと、実生活の中で考えることが必要です。

仕事に疲れて部屋に帰って今すぐ眠りたいと思ってもネコはかまって欲しがるかもしれません。
休みに家族旅行に出かけるときはどうするか、など様々な状況を想定しながらしばらく生活して様子を見て、それでも飼いたいと判断したときに飼うようにしましょう。
ネコとともに暮らしたいという強い気持ちと責任感が無ければ、猫を飼う資格はないのです。

里親になる際の環境面の準備

部屋の賃貸契約で禁止なのに、「まあいいだろう」と見切り発車で飼うのは無責任です。
トラブルで、再度里親を見つけることが出来なければどうなるかよく考えましょう。
「ペット可能」の部屋に移ってから飼うようにしましょう。
一部では部屋で猫の「隠し飼い」をすることを肯定するかのような出版物もありますが、トラブルの原因になりますので避けるべきです。