スコティッシュフォールドのルーツと歴史

見た目に耳が折れていて可愛らしいスコティッシュフォールドですが、
比較的、猫の種類の歴史でいえば浅いほうではないでしょうか。
スコティッシュフォールドってどのように誕生したんだろうってうちも
スコティッシュフォールドと一緒に生活しようかなって検討した時に
興味を持って調べたことがあります。

スコティッシュフォールドって出身はスコットランドで、
スコットランドはイギリスにある国なので寒い地域です。
スコットランドのスコティッシュ村にある農場に子猫が生まれ、
農場に猫が居ついて生活をしているという話は良く聞いたことがありますよね。
寒い場所でも農場であれば猫にとって暖をとりやすい場所が結構ありますので
猫が住み着きやすいんです。

スコティッシュフォールドのルーツになった猫は1961年に生まれて、
スコティッシュフォールド特有の耳が折れ曲がった猫が生まれ、
その猫はスージーという名前がつきました。
スージーは2歳になってから子猫を授かりますが、また耳が折れ曲がった猫がうまれたのです。
この耳が折れ曲がった猫を見て元々、別の種類の猫のブリーダーをしていたロスさんという
夫婦が交配で増やすことは出来ないだろうかということで色々と試行錯誤して交配をしました。
そして研究をして、その後にアメリカなどの他の遺伝学者なども
研究をして交配をした上でスコティッシュフォールドが誕生しています。

配合をする時にはブリティッシュショートヘアを掛け合わせたり、
アメリカンショートヘアなども配合していった結果、スコティッシュフォールドが誕生しました。
ということでスージーがいなかったらこの耳が折れ曲がった
可愛らしいスコティッシュフォールドという種類は誕生していなかったでしょう。
交配してスコティッシュフォールドが誕生するまでには問題も起きたことがあります。

その一例として、このスコティッシュフォールドの最大の特徴でもある
折れ曲がった耳になるようにとこだわるために結果として無理な交配をすることもあった結果、
奇形の猫も生まれてしまうということもあったのです。
調べてみると耳が折れた猫同士の交配が奇形になるという確率が
上がってしまうという結果も出ています。

なので交配の仕方についてある程度決まりを作った上で交配をするようにして
スコティッシュフォールドが生まれるようになってきました。
スコティッシュフォールドの誕生のために多くの人が研究をして今では
たくさんのスコティッシュフォールドが世に出ているのだと思うとなんだか不思議な気分です。
スコティッシュフォールドは全部が耳折れな訳ではありません。
耳が折れている同士の交配はやはり奇形の原因となっているので出来ないからです。

なので、スコティッシュフォールドが生まれてくる中で
耳が折れている確立は3割ともいわれています。
耳が折れていても、立ち耳でもスコティッシュフォールドとして分類されています。