スコティッシュフォールドについて

愛猫のかわいい顔をまじまじと見たり、撫でてあげて接していくことはとても大事です。
一緒に生活しているのですから大事な家族の一員としてものすごく可愛がってあげましょう。
そんな可愛いスコティッシュフォールドの基本的な情報として、
病気や購入の仕方、さらに飼いかたをここでは紹介しています。
スコティシュフォールドをもっと沢山しってもらえる、そんなサイトです。

suko4-up

ところでスコティッシュフォールドの顔を見ていて皆さんはどう思うでしょうか。
「丸っこい顔がかわいい」とか「耳が折れているところがなんともカワイイ」
というご意見がとても多いと思います。

その中に「鼻が低いな~」って思ってしまう意見もあるみたいです。
ズバリ言ってしまうと、ちょっと不細工なところが逆に可愛く見えてしまいます。
でも、スコティッシュフォールドの中には鼻が低くて
ちょっと不細工という顔つきとはまた別な顔の猫もいたりするのです。
スコティッシュフォールドは同じ種類の中でなぜ、
このような違いがあったりするのだろうと不思議に思う人もいます。
このスコティッシュフォールドの個体による顔の違いは
どうしても交配によって違いが出てきてしまうという結果になるようです。

スコティッシュフォールドとの交配のときにスコティッシュフォールド同士の交配というのは
遺伝的な骨や関節の疾患が起きやすくなってしまうので
スコティッシュフォールド同士での交配というのは避けるべきとされているのでしょう。
まして耳が折れたスコティッシュフォールド同士の交配はリスクが
ものすごく高くなってしまいますので交配させてはいけないということになっています。
少しでも健康な体のスコティッシュフォールドを誕生させたいという
都合もありますので別の猫と交配させるという方法が必要になってくるのです。

今現在ではスコティッシュフォールドとの交配のときはアメリカンショートヘアと交配させるか
もしくはブリティッシュショートヘアと交配させるようにといったように推奨されています。
なので、スコティッシュフォールドを飼っている猫は大抵、お父さんかお母さんが
アメリカンショートヘアかブリティッシュショートヘアというケースが多く見られます。
これが顔つきに関わってくるのでしょうが、生まれてくるスコティッシュフォールドの顔が
アメリカンショートヘアみたいな顔つきの猫も出てきますし、
ブリティッシュショートヘアみたいなちょっとふてくされた顔だけど
逆にそれが可愛らしいという顔つきになったりもするということです。

でも、どのスコティッシュフォールドもそれぞれ色々な個性を持ちつつ
カワイイ顔でもありますので良いと思います。
このようにスコティッシュフォールドの場合は交配の都合により、
別の猫との交配になる事で、それぞれの顔つきが違ってくるということを理解してみると
色々と見ていて面白いかもしれません。
「この子はブリティッシュの血が入っているんだろうか」とか
「この猫の顔を見てみると親はアメリカンショートヘアなんだろうか」とか
ある程度わかったりすることもあります。

ペットショップに行ってみた際にそういったことを考えつつ、
スコティッシュフォールドを見てみるのも楽しいですよ。
このサイトでは、そんなかわいらしいスコティッシュフォールドを
「飼い主」からの目線で解説していきたいと思います。

コンテンツ 内容
1 基本情報 基本的な情報を載せています。一言にスコティッシュフォールドと言っても一概に表しきれません。そんな細かな違いまで解説していきます。
2 病気 病気は避けて通れません。いかに予防、治療を行って愛猫を守るかを解説しています。
3 購入方法 せっかくだったら元気な子と出会いたいですよね。コツをお教えします。
4 飼い方 決して飼育方法は簡単ではありません。一つ一つを解説していきます。
5 スコティッシュフォールドをもっと知る その他にも魅力がわかる手段はたくさんあるので、それらを紹介していきます。